いちご鼻の改善には洗顔石鹸がおすすめ?選び方や使い方を解説!

いちご鼻の改善には洗顔石鹸がおすすめだと言われています。いちご鼻を治すための洗顔石鹸の選び方や使い方をご紹介します。
MENU

いちご鼻の改善には洗顔石鹸がおすすめ?

 

 

まるで、いちごの粒のように鼻の毛穴が詰まってしまう、
 
 
いちご鼻を改善するには洗顔石鹸がおすすめだと言われています。
 
 
なぜなら、洗顔石鹸は洗顔料の中でも肌に優しく、洗浄力もあるので
 
 
毛穴の黒ずみを除去していくのにはピッタリだからです。
 
 
ですが、洗顔石鹸ならなんでも良いというわけではなく、
 
 
ちゃんと選んだ方が良いです。

 
 
そこで、いちご鼻を解消するための、洗顔石鹸の選び方と使い方について
 
 
解説していきたいと思います。

いちご鼻の改善のための洗顔石鹸の選び方

 

 

毛穴の奥までスッキリする泥洗顔

 

いちご鼻は主に毛穴が角栓で詰まっている状態なので、
 
 
毛穴の皮脂や汚れを落とすための洗浄力が必要です。
 
 
毛穴の汚れを落とすのに良いと言えば、泥洗顔です。
 
 
美容泥(クレイ)が配合されている泥洗顔料で作る泡は
 
 
粒子が細かく、吸着力が高いので毛穴の奥まで入り込んで
 
 
皮脂や汚れもゴッソリです。

 
 
いちご鼻の改善にもおすすめです。

 

 

肌に潤いを残す保湿力

 

 

いちご鼻を改善するために盲点なのが、乾燥を防ぐことです。
 
 
乾燥は皮脂過剰を招いたり、毛穴を目立たせてしまうなど、
 
 
いちご鼻の大きな原因となるんです。
 
 
洗顔石鹸を選ぶ時は、洗浄力だけを求めるのは良くなくて、
 
 
ちゃんと洗顔後に肌に潤いを残す保湿力があるものを選びましょう。

 

 

使用感が良いもの

 

洗顔石鹸を使っても、1日で即効でいちご鼻は治るようなものではありません。
 
 
ある程度の期間はいちご鼻が治るにはかかるので、それまで使う洗顔石鹸は
 
 
使い続けることができるように、使用感が良いものが良いです。
 
 
肌の弱い人が、刺激の強いものを使っても肌が荒れるだけですからね。

洗顔石鹸の使い方

大体の人は、普段は洗顔フォームを使用していて、洗顔石鹸は
 
 
馴染みがないかと思います。
 
 
洗顔石鹸の使い方として、まずポイントなのが泡立てネットを使うことです。
 
 
洗顔フォームは界面活性剤が入っていて、手だけでも泡立てることができるように
 
 
作られていますが、洗顔石鹸は手ではなく泡立てネットを使わないと、しっかりとした
 
 
泡を作ることができません。

 
 
本当は洗顔フォームを使う時にも、泡立てネットは使うべきなのですが・・・・
 
 
洗顔石鹸を使った、洗顔の仕方を順番に説明すると

 

 

  • 1,手の雑菌を落とすために洗顔前に手を洗う
  • 2.水を含ませながら、泡立てネットで泡立てる
  • 3.泡だけで優しく洗う、ゴシゴシと強く洗うのはNG
  • 4.ぬるま湯で洗い残しがないようにすすぐ

 

といった、感じですね。
 
 
洗顔はあくまでも、皮脂や汚れを落とすためのものなので、
 
 
毛穴の黒ずみをゴシゴシと洗い落とそうとするものじゃありません。
 
 
 
優しく洗顔をし続けることで、いちご鼻も自然と良くなっていくはずです。
 
 
保湿も忘れずに!
 

このページの先頭へ