いちご鼻の原因と改善するための3つの方法!

いちご鼻の原因と改善するための3つの方法についてまとめています。
MENU

いちご鼻の原因と改善するための3つの方法!

 

 

毛穴が黒く見えてしまう鼻を、いちごみたいだと例えられて、
 
 
いちご鼻と言われています。
 
 
思春期の頃から大人になっても、ずっとついてまわってくる
 
 
肌の悩みで、ひどい状態だとかなり目を引きますよね。
 
 
しかし、決して治らないものではなくて、
 
 
原因を知って、それに合わせた対策をしていけば

 
 
改善することは全然できます。
 
 
といっても、いちご鼻になる原因は1つだけでなく、
 
 
 
いくつかあるので、どれに自分が当てはまるのかを考えて
 
 
改善策を行っていきましょう。

 

 

 

いちご鼻の原因といえば角栓!

 

 

 

 

いちご鼻の原因と言えば、角栓ですね。
 
 
 
黒いブツブツが毛穴から飛びてているなら、それが角栓です。
 
 
 
角栓はいわゆる、皮脂やメイク汚れと角質が毛穴に詰まってできるもので、
 
 
 
できたばっかりは白いニュルニュルした状態です。
 
 
 

白ニキビなんても呼ばれますね。
 
 
 
これが酸化して黒くなると、黒い角栓になって、いちご鼻を作りあげて
 
 
 
しまうわけです。
 
 
 
基本的に、いちご鼻と言われる状態は、この黒い角栓が鼻の毛穴中に詰まって
 
 
 

しまったことをいいます。

たるみ毛穴もいちご鼻の原因?

 

 
 
基本的に、いちご鼻とは黒い角栓が詰まった状態のことですが、
 
 
 
鼻の毛穴を黒く見せるのは角栓だけではありません。
 
 
 
毛穴がたるんで開いてしまっていると、陰ができて
 
 
 
毛穴が黒く見えてしまうこともあるんです。
 

 
 
いわゆる、たるみ毛穴ですね。
 
 
 
たるみ毛穴は肌にハリがなくなって、たるんでしまうことでなるもので、
 
 
 
主な原因としては、乾燥や肌の老化によるものです。
 
 
 
保湿ができていなくて、乾燥してしまうと、肌はハリをなくし
 

 
 
たるんでしまいます。
 
 
 
また、年齢を重ねていくと、肌自体にハリがなくなってきて、
 
 
 
自然にたるんでいき、毛穴も広がってしまいます。

紫外線による色素沈着にも注意

 

 
 
いちご鼻の原因として、紫外線にも要注意です。
 
 
紫外線と言えば、日焼けで肌が黒くなるといったことがありますが、
 
 
毛穴も紫外線で黒くなってしまうんです。
 
 
紫外線を浴びると、肌にダメージが与えられて、メラニンが蓄積されていきます。
 
 
メラニンが増えてしまうと、色素沈着によって皮膚が黒くなります。
 

 
そのため、鼻も集中的に紫外線を浴びてしまうと、毛穴の中まで
 
 
メラニンによって黒く変色してしまい、いちご鼻にもなるわけです。
 
 
毛穴が日焼けしているようなものですね。

いちご鼻を改善するための3つの対策

紫外線対策をする

 

いちご鼻は紫外線によるメラニンの蓄積も原因ですので、
 
 
 
紫外線対策もしていきます。
 
 
 
夏なんかは日差しが強く、毛穴の中まで色素沈着が起こり
 
 
 
やすいため、日焼け止めはしっかりと塗っておきましょう。
 
 
 

また、美白化粧品で鼻をケアすることも、メラニンを抑える
 
 
 
ことができるので効果的です。

 

 

乾燥を予防し、肌にハリを与える

 

鼻が乾燥していると、肌がたるんで、たるみ毛穴となってしまうため、
 
 
 
乾燥は予防しましょう。
 
 
 
肌に潤いとハリを与えることで、広がってしまっていた毛穴も閉じて、
 
 
 
毛穴の黒ずみも改善されます。
 
 
 

また、乾燥を予防することは皮脂の過剰な分泌を抑えたり、ターンオーバーを
 
 
 
整えたりと、いちご鼻を治すには重要なことです。

 

 

角栓を除去する

 

 
いちご鼻を作る基本的な原因は、角栓なので、
 
 
 
黒い角栓を鼻から除去していきます。
 
 
 
角栓を取るには、毛穴パックといった方法もありますが、
 
 
 
肌に悪いのでここでは推奨しません。
 
 

 
黒い角栓を取るのであれば、洗顔を丁寧にしたり、
 
 
 
保湿に力を入れるなどスキンケアの面から除去していく方が良いです。
 
 
 
皮脂を取り、乾燥を予防し、毛穴を引き締める、これらをやるだけでも
 
 
 
いちご鼻は改善することはできますからね。
 
 

 
決して、無理な角栓の取り方はしないことです。

このページの先頭へ