黒い角栓の原因って一体何!?取り方も教えて!

黒い角栓の原因って何のか気になりますよね。 原因と取り方についてご紹介します。
MENU

黒い角栓の原因って一体何!?取り方も教えて!

 

 

 

毛穴を汚く見えさせてしまう大きな元凶と言えば、黒い角栓ですよね。
 
 
 
黒いブツブツが毛穴中に詰まってしまうことで、
 
 
 
肌が汚く見えてしまいます。
 
 
 
でも、なんでこの黒い角栓ができてしまうのか分からない!という方もいますよね。
 
 
 

なんで黒い角栓ができてしまうのかの原因や、ついでに取り方についても
 
 
 
軽く説明したい思います。

黒い角栓ができる仕組み

まず、黒い角栓ができる仕組みですが、
 
 
 
角栓は最初は白いんです。
 
 
 
皮脂と古い角質が毛穴に詰まると、
 
 
 
白いニュルニュルとした脂肪の塊のような
 
 
 

白い角栓ができます。
 
 
 
それが、毛穴から出て空気に触れると酸化します。
 
 
 
酸化すると白い角栓が黒くなって、こうして黒い角栓ができるんです。
 
 
 
なので、黒い角栓を作らないようにするには、
 
 
 

まず角栓ができる原因をしっておく必要がありますね。

角栓ができる原因

角栓ができる原因といっても、沢山あって、
 
 
これ!というものはないんです。
 
 
人それぞれ当てはまるものも違ってきますが、
 
 
代表的な原因となることを挙げていきます。

 

 

肌の乾燥

 

 

黒い角栓ができてしまう直接的な原因で多いのは、
 
 
 
意外と肌の乾燥によるものなんですよね。
 
 
 
肌は乾燥すると、角栓の原因になる古い角質も
 
 
溜まりやすくなりますし、皮脂も過剰になってしまうので
 
 
 
角栓ができやすいんです。

 
 
 
 
結構、乾燥によって角栓ができてしまう人は多いと思いますよ。

 

 

過剰な皮脂

 

 

角栓は皮脂も含まれているので、皮脂が過剰に出ていると
 
 
 
できやすいです。
 
 
 
年齢的なものや、ホルモンバランスの乱れなど色々な
 
 
 
ことで皮脂が多く分泌されます。

黒い角栓ができないようにするには

角栓ができる原因は沢山ありますが、
 
 
 
基本的には乾燥と皮脂をどうにか気をつけておけば
 
 
 
角栓はできづらくさせることができます。
 
 
 
そうするためには、生活習慣であったり、スキンケアに
 
 
気をつけてあげましょう。

 
 
 
 
皮脂は頑張って取ろうとしている人はいても、
 
 
 
ちゃんと保湿ができている人は多くはないので、
 
 
 
保湿に関してまずは見直してみるといいかもしれません。

メニュー

このページの先頭へ